본문 바로가기
메인메뉴 바로가기

忠南紹介

ニュース

大韓民国サッカー総合センターの天安市誘致が確定

4万雇用に2.8兆ウォンの生産誘発期待

2019.08.12(월) 17:46:52 | CNnews (이메일주소:chungnamdo@korea.kr; chungnamdo@korea.kr)

大韓民国サッカー総合センターの天安市誘致が確定
4万雇用に2.8兆ウォンの生産誘発期待

忠清南道天安市は、大韓民国サッカー総合センターの誘致を確定する協約を8月1日午前に大韓サッカー協会と締結した。
天安市役所で行われたこの日の協約式には具本栄市長、鄭夢奎大韓サッカー協会長をはじめ地域国会議員、市道議員、職能団体の首長など150人以上が出席した。
具本栄市長と鄭夢奎大韓サッカー協会長とは協約書に署名し、円滑な事業推進に向けて相互協力体制を強化することで合意した。
両機関が締結した協約の主要内容は以下の通りである。
両機関は47万8千㎡の敷地に天然・人工芝グラウンド(12面)・小型スタジアム・室内トレーニング場・ユースホステル・サッカー博物館・フッサルコート・テニスコート・室内ジムなどを2024年1月31日まで竣工する。
詳しくは、市からサッカーグラウンド5面・フッサルコート・テニスコート・室内ジム・サッカー博物館を整備し、大韓サッカー協会がオフィス棟・サッカーグラウンド7面・小型スタジアム・室内トレーニング場・ユースホステルをそれぞれ分担して設置する。
詳細日程は、都市開発事業区域指定、施行者指定および開発計画策定告示を2020年7月31日まで、土地の協議取得・収容および都市開発事業実施計画認可の告示を2021年9月30日までに完了することとした。
一方、大韓サッカー協会は竣工日から6カ月以内(2024年7月)に天安市へ移転することとし、天安地域の農産物を優先購入すると共に天安地域人材の採用に努める義務を負う。
敷地整備および施設設置のための事業費は、大韓サッカー協会が458億ウォン、天安市が1100億ウォンを分担する。
施行費用 1100億ウォンは、国費200億ウォン、道費400億ウォン、敷地売却費180億ウォンおよび生活SOC事業など国費50億ウォンなどで賄い、残りは市費270億ウォンを4年6カ月にかけて投入する企画。
サッカー総合センターが完成したら2兆8000億ウォンの生産誘発効果と1兆4000億ウォンの付加価値創出、4万以上の雇用創出などと地域経済の活性化はもちろん、大韓民国サッカーの発展、国のバランスの取れた発展に貢献し、天安が名実ともに世界サッカーのメッカとして急激に浮上すると見通している。
住民生活体育施設の充実による地元住民の暮らしの質の向上、地域発信にも貢献し道内スポーツ・観光産業の育成など新たな成長エンジンの牽引、国内外観光客の増加など、計り知れない経済・文化面の波及効果が期待される。

상단으로 이동